Language

Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁体中文
  • 한국어

Language

開花情報

開花情報バックナンバー

2018年11月16日(金)

夢の島熱帯植物館「みごろの花」のご紹介

夢の島熱帯植物館の「みごろの花」をご紹介いたします。(2018年11月15日現在)

【大温室】

①ウナズキヒメフヨウ(Aドーム)

枝がしなるぐらい沢山の花が咲いています。花の咲き方が特徴的で、蕾の時は上を向いていますが、しだいに下を向き、完全には開きません。

②オドントネマ・ストリクツム(Bドーム)

蕾の時から鮮やかな赤い色で、枝先に細い筒状の花がまとまって咲きます。「ベニツツバナ」という覚えやすい別名もあります。

③ベニヒモノキ(Bドーム)

その名の通り、紅色のヒモのような花穂がいくつも垂れ下がっています。ふわふわした猫のしっぽにも似ています。

④ストロビランテス・ハミルトニアナ(Bドーム)

「チャイニーズ・レイン・ベル」という美しい別名があります。赤紫色の花は光沢があり、筒状の花が下向きに咲く姿は雨に濡れた釣鐘のようです。

⑤タコノキ(実)(Cドーム)

Cドームのテラスから見るのがおすすめです。熟した実がとても良く見えます。黄色がかったオレンジ色の実とトゲトゲした緑色の葉が、パイナップルに少し似ています。

【ハーブ園】

⑥サルビア各種サルビアといえば赤色の花が定番ですが、ハーブ園のサルビア属の仲間は青や黄色、紫、白などカラフルです。

植物館では、今回ご紹介した「みごろの花たち」のマップもご用意しております。

是非、この機会に植物館にいらしてみてはいかがでしょうか。

2018年11月02日(金)

夢の島熱帯植物館 「みごろの花」のご紹介

②和名は「オオタチカラクサ」と言います

②和名は「オオタチカラクサ」と言います

③オウゴチョウ(黄花)

③オウゴチョウ(黄花)

③赤花はBドーム階段上にもあります

③赤花はBドーム階段上にもあります

夢の島熱帯植物館の「みごろの花」をご紹介いたします。(2018年11月1日現在)

【大温室】

①ウナズキヒメフヨウ(Aドーム)

ハイビスカスの蕾のような花が咲きます。完全には開き切らず閉じた傘のようですが、それが咲いている状態なのです。

②ディコリサンドラ・ティルシフロラ(Bドーム)

別名「ブルージンジャー」。ショウガの仲間なのかと思いますが、実はツユクサ科の植物です。

③オウゴチョウ(Bドーム)

赤と黄色の二種類の花があります。花を探すときは目線をやや高めに、枝先を見てみてください。さて、いくつ咲いているでしょうか。

④ゴレンシ(実)(Bドーム)

「スターフルーツ」という名前で有名な植物。その名の通り、実の横断面が星型になります。

⑤タコノキ(実)(Cドーム)

小さい実が数十個集まって一つの実のようになっています。熟す前は緑色、熟すとオレンジ色になり、完熟するとバラバラに分かれて落ちてしまいます。

【北側花壇】

⑥サルビア・レウカンサ

今年も沢山開花中!良く目立つ濃い紫色の部分は花ではなく「ガク」で、花はその中に咲いている赤紫色の部分なのです。

植物館では、今回ご紹介した「みごろの花たち」のマップもご用意しております。是非、この機会に植物館にいらしてみてはいかがでしょうか。

開花情報バックナンバー