Language

Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁体中文
  • 한국어

Language

開花情報

最新の開花情報

バックナンバー

2019年

2018年

2019年06月28日(金)

「ジャカランダ、盛りを過ぎてきました」

6月27日撮影

6月27日撮影

花が減っているのが分かります。

花が減っているのが分かります。

蓬莱竹(ホウライチク)を飾っています。

蓬莱竹(ホウライチク)を飾っています。

花房の先端もほとんどが咲ききり、いよいよ紫色の花数が減ってきています。

雨風によっても花が落ちてしまいますので、一目でも見たいという方は、お早めにお越しください。

ただし屋外にある植物のため、天候により開花状況が変わる場合がございますので、

予めご了承ください。

ジャカランダの開花状況は、今回をもって一旦終了といたします。

状況が変わりましたら、またお知らせいたします。

エントランスに、毎年恒例となっている七夕装飾を展示しました。

短冊に願い事を書いて、本物の竹に飾ってみてはいかがでしょうか。ご来館をお待ちしております。

2019年06月21日(金)

ジャカランダ、まだ間に合います

オーストラリア庭園から撮影

オーストラリア庭園から撮影

花は上の方にあります(シマホルトノキ)

花は上の方にあります(シマホルトノキ)

八重咲きのシクンシ

八重咲きのシクンシ

先週の開花をお伝えした時には、今週末は見ごろのピークが過ぎそうと予想していました。

しかし、先週末の雨風にも持ちこたえたようで、花房の先端が咲き始めたところです。

これから少しずつ花の数が減っていくことでしょう。

見逃したという方も、お早めにお越しいただければまだ間に合いそうです。

ただし屋外にある植物のため、天候により開花状況が変わる場合がございますので、予めご了承ください。

次のジャカランダの開花状況は、来週28日(金)ごろを予定しています。


小笠原固有種であるシマホルトノキが、当館で初めて開花しました。

栽培温室からイベントホールに移して展示中です。

シマホルトノキと同じホルトノキ科のエラエオカルプス・グランディフロルスも開花したため、合わせて展示中です。

見比べてご覧になるのも面白いと思います。


また、栽培温室で保有している八重咲きのシクンシが開花したため、エントランスに展示しました。

一重咲きのシクンシも、館内で配布している「みごろの花たち」でご案内しており、大温室Cドームで特に夕方に芳香がお楽しみいただけます。

ご来館をお待ちしております。

2019年06月14日(金)

ジャカランダ、引き続き見頃です

6月13日撮影

6月13日撮影

花のアップ

花のアップ

ほのかに香るアフリカンジャスミン

ほのかに香るアフリカンジャスミン

週末に開花の様子をお伝えしているジャカランダは、引き続き見ごろです。

涼しい日が多かったせいか、開花もゆっくりと進んでいるようです。

来週は気温が高くなるようなので、咲き進むと思います。たくさんの花が咲いている様子をご覧いただくには、来週中がおすすめです。

来週末のお知らせは、見ごろのピークが過ぎてきましたという内容になりそうです。

ただし屋外にある植物のため、天候により開花状況が変わる場合がございますので、予めご了承ください。

次のジャカランダの開花状況は、来週21日(金)ごろを予定しています。


なお大温室Aドームに展示しているメディニラ・マグニフィカの見ごろが過ぎてきました。

観賞をご希望の方はお早めにご来館下さい。


またエントランスには、アフリカン・ジャスミン(モクセイ科)が栽培温室で開花したため、展示しました。

ぜひご覧ください。ご来館をお待ちしております。

2019年06月07日(金)

ジャカランダ、見頃です

6月6日撮影

6月6日撮影

その名の通り、松明(トーチ)のような姿です

その名の通り、松明(トーチ)のような姿です

先週開花をお知らせしたジャカランダが、見ごろを迎えました。木のてっぺんに多く花が集中しているので、近くよりも少し離れたところからの方が、見えやすいようです。まだ蕾もあり、来週末も楽しめるかと思います。

ただし屋外にある植物のため、天候により開花状況が変わる場合がございますので、予めご了承ください。

次のジャカランダの開花状況は、来週14日(金)ごろを予定しています。


なお大温室Bドームにあるトーチジンジャーが、開花しました。



またエントランスには、ムッサエンダ・ルテオラ(アカネ科)が栽培温室で開花したため、展示しました。

ぜひご覧ください。

ご来館をお待ちしております。

最新の開花情報